警戒心を与えないで上手にリードしてあげよう


警戒心を加えない優秀やり取りのチャンス

△「ご機嫌いかがですか」で全てが開ける

事前調査をして、ぶち当たりの場へおもむくのだ!!

惜しいことに、ただ1つだけでは「出会い」を創り上げた結果にはならないのです。

女の人とお話しないと、その出逢いがロマンスに転じる理由などないためです。

 

女性陣に声を掛ける。

 そのうえで、話しに結び付ける。

 この各々の演出が格段に肝要につながってくる。

 頭に入れておいてもそれほど簡単にはできそうにない。

こういった人もいらっしゃると思われます。  

と言うのならば、どのようにしたら声を掛けることが出来ると言えるのでしょうか?

 

声を掛けるうえで、もっとも実用的なのが「お辞儀」に手をつけることです。

 多くの方が子どもの頃から挨拶をされたとしたらご挨拶を返すように仕込まれているので、とっかかりの会話として、いちばんうまく行きやすいおかげです。

 出勤した職場で「グッドモーニング」と声をかけると、「お早うございます」と返してくれますよね。

 同じことを出会いの場で行なってしまえばよいのです。名づけて「ご機嫌いかがですか」企画です。

 たとえば、カップリングパーティーに参加したとします。

 話してみたいなという女性がいたら、「皆さんお元気ですか」とひと声かければOK。

これで最初の作業は完了です。

女性が「お初です」と返してくれたら、次の言葉を振りかけて話を広げていけばいいんです。

挨拶を交わしたことで、相手の女性も貴方に対応するアレンジが一定以上できます。

さらに几帳面な人だと思ってもらえるというメリットも存在します。

 反対に、この最初の声かけをおろそかにすると、出会いは消失してしまいまいます

△現実には「会釈」を狙う

 女性陣に話しかける。おおよその男性は、ここのところを不得意にしたいと思っていることでしょう。

 ですが、こと色恋から見れば、多くの女性陣は「始めたころは男子から声を掛けてほしい」と待ちの思考を徹底してやるので、男の人が気張って声をかけることが重要になります。

 

とはいっても、最初に声をかけるには勇気が必要とされるもの。  

では、最初に声をかける時のモチベーションについてお話していきます。

 声をかける時にとりわけしてはいけないこと、それが、「彼女を作るために声がけしなければ」と意気込むことです。

憧れが高ければ高いほど、心中を入れれば入れるほど、ソワソワしてしまうのが人間。

緊張しないためには、期待をおさえてしまうことが役割を果たします。

 女性陣に声をかける時は「会釈しに行こう!」という意識を持っていると、成り立ちやすいでしょう。

 女性からしてみても、ご挨拶であれば、気楽に挨拶を恢復させることができます

また、呼びかける我々男性側にしてみても、ご挨拶した女性にバカにされたとしても、心の中としては、「感じ悪質ななあ。だけれどねまあいいか」くらいの気持ちですみます。

 これは重視されるポイントです。

 人は非常に心が打たれ弱くてできています。

ある行動をして、その行動がてんやわんやだった時、次に同じ行動をしようとすると、傷ついた心が行動に取り消しをかけようとします。

 女性に話し掛けたら断られ、損害をうけた。

心中を入れ替え、違う女性に声をかけようにとしたら、ふと前の回断られたことを思い出し、「次までもがダメかも」とドギマギして、話し掛けられなくなってしまう。

これでは先に進めないのです。

期待値を下げてガールフレンドを探しましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP